マーケティングツール

決済代行会社の導入を検討している経営者必見!おすすめの決済システムまとめて比較

決済代行会社とは?決済代行会社の仕組み(決済代⾏の仕事の⼿順)と決済代行会社を利用する際の費用を解説

決済代行会社とは、クレジットカードや電子マネー、携帯キャリア決済サービス、コンビニ払いなどの多様な決済手段を、サービス提供元との契約を結ぶことなく利用できるように仲介してくれる会社のことです。
大きなメリットに、以下の2点があります。

  • 契約を一本化することにより管理を単純化できること
  • 契約時にこれまでの事業実績などが求められるサービスを、新規開業時のような信用力があまりない状態でも利用できるようになること

日本人のクレジットカード保持率は、約8割を超えるほどあり、その他の決済手段についても一定のシェアがあります。

現金のみでしか利用できないといった場合に、現金を持ち合わせておらず利用を断念するという人も少なくありませんから、多様な決済手段を用意しておくこともビジネスを成功させるためには欠かせないアイテムといえます。

特にキャッシュレスへの流れは急速に進んでおり、近い将来には、現金以外の決済方法がなければビジネスが成り立たなくなる可能性もあるものです。

ですが、これら決済サービスをひとつひとつ加盟契約するのは効率的ではありませんし、何よりも信用力が求められるクレジットカードについては事業実態があることについて審査されるもので、新規開業した直後での利用は困難です。

また、これらのサービスを導入するためには機材の導入や決済システムの構築などさまざまな費用負担も発生する事になります。

そこで、決済代行会社の出番です。
決済代行会社が、これらサービス提供元と利用者を仲介することにより、利用者は決済サービスへ加盟することへのハードルを、直接サービス提供元と行うのと比べて極めて低くすることができるのです。
また、ひとつの決済代行会社で複数の決済手段を同時に導入できることで、管理コストを減らすこともできます。
加えて、特殊な機材の導入やシステムの構築といったコストを極力抑えることができます。

費用は会社によって変わってきますが、初期費用はシステムの改修を行えば5万円程度はかかりますが、無料というケースもあります。
また月額費用も発生するもので、相場は5,000円程度ですが、やはり無料というところもあります。

一方で、必ず費用が発生するのが決済手数料で、決済代行会社を選ぶ時のポイントになります。
手数料は固定と決済金額に応じて発生するものがあり、金額に応じて発生する場合には金額の3.3%から8%程度です。

高額なところほど初期費用や月額費用が無料というところもありますから、状況に応じて使い分けることが上手な使い方になります。
固定の場合には1件あたり5円程度ですが。コンビニ決済や銀行振込に関しては額面の0.6%にプラスして170円程度の手数料が発生するものです。

システムとしては、料金の支払いが発生した場合に決済センターへ決済要求を行いクレジットカードや電子マネーなどの利用では決済手段に問題がなければ処理されるという仕組みです。
支払いは後日にまとめて行われます。

キャンペーン中

弊社代表・横山による「売上アップ動画セミナー」ほか限定公開中! 今すぐ無料で受け取る

個人事業主が決済代行会社を利用するメリットとデメリット

決済代行は大企業でも広く使われる方法ですのが、よりニーズが高いのが信用力の乏しい個人事業主です。
個人事業主の場合には例え事業がそれなりに大きくても社会的な信用力という面では低く、信用力を求められるクレジットカード決済やキャリア決済などは利用するのが難しいものです。

実際にお客さんと会ってビジネスをする場合には、現金決済が基本になり多様な決済手段を導入しなくても良い場合もありますが、一方でクレジットカード決済やキャリア決済を感がなければならないのが通信販売になります。

通信販売のネックは支払い方法で銀行振込で行うということもありますが、送金が行われたか確認する管理業務が必要になります。

さらに銀行振込も複数の銀行に対応した場合やそのほかの決済手段を導入した場合には管理業務が非常に負担となり、送金されているにも関わらず発送を忘れてしまったり、また未入金であるにも関わらず商品を
発送するといったトラブルが起こる可能性があるものです。

特に銀行振込の場合は未入金率が上がり、個人事業主は負担が大きくなるもので、この点で決済代行会社に依頼することにメリットがあります。
それに複数の決済方法を一括で導入することができることも個人事業主にとってはメリットです。

しかし、良いことばかりではなく決済代行会社を利用する時のデメリットも考えておかなければなりません。
最大のデメリットは会社によっては高額な手数料となり、それが収益を悪化させることです。

決済費用を利用者に負担させるというケースもありますが、負担させることは利用者の心象を悪くするため好ましいことではありません。
またそれなりの売上があれば導入するだけの価値はありますが、売上がないような場合には収益を圧迫する要因となります。

それと決済代行会社はインターネットを使ったサービスであり、セキュリティに対するリスクもあるものです。
代行会社の多くは十分なセキュリティ対策を行っているところが殆どですが、利用する側にとっても対策を理解しなければなりません。

これは専用回線で行うクレジットカード決済と比べると覚えることが多いことであり、それらが負担となる可能性があります。

ただそれらのデメリットを考えても、多様な決済手段を手軽に導入するという点で見れば決済代行会社にはメリットがあり、また入金や返金などの管理業務を行う上でも個人事業主の負担を軽減させる効果があるものです。

決済代行に必要なセキュリティとネットビジネス・ネットショップが決済代行会社を選ぶポイントまとめ

インターネットショッピングで決済代行を導入する場合には、セキュリティについて考えておくことが大事です。

これは決済だけでなく顧客情報をインターネットに接続されたサーバーで管理する場合にも同様のことであり、これらを怠ってデータの流出が発生すれば信用に大きな影響を与えることになり、経営を続けることが困難になるリスクもあります。

そして、何よりも利用者に対して多大なる迷惑をかけることになり、社会的な信用を大きく失うことになりかねません。

セキュリティで気をつけたいのは大きな金額を扱うことができるクレジットカードです。
他の決済サービスでは、限られた金額で治まりますが、クレジットカードは利用者が限度額を大きく設定していればそれだけ不正利用された時に受ける被害も大きくなります。

もちろん、利用者側の意識も重要なのですが、クレジットカードは国際的にも広く流通していることからリスクの高いもので、実際に不正利用も多く行われてきたものです。
このため、業界団体はセキュリティレベルを維持するためにクレジット取引セキュリティ対策協議会を結成してセキュリティ対策について協議しています。

決済代行会社でも、それらに加盟しているところであれば安心して利用できます。
またPCI DSSの準拠と不正利用対策が義務となっていることも留意しなければなりません。

PCI DSSは、クレジットカード会員の保護を目的としたカード情報セキュリティの国際統一基準です。

これらは不正利用を防ぐために有益なもので、クレジットカードを発行するカード会社のほか、利用できる加盟店、決済代行会社などが対象となり、カード情報の管理や処理、伝送について国際統一基準に乗っ取り運営するというものになります。

これよりスキミングを防いだり、またインターネットからの不正アクセスによる大量のカード情報の盗難を防ぐことができます。
一方で、いくら決済代行会社がセキュリティに力を入れていても利用者側の意識も重要です。

必要な決済方法のみを導入することで、管理をしやすくするといった工夫が必要です。選択肢を絞ることによって被害を受けた時の規模を防ぐことができます。
またセキュリティに力を入れているからといって、高額な料金を支払うというのは収益性を悪化させる原因になります。

このため料金設定が適切な決済代行会社を選ぶべきですし、また納期に対しても余裕がある業者を選ぶことが大切です。

決済代行会社には海外と国内の会社がある!小規模な事業のネットビジネス起業家やネットショップオーナーは、国際決済と国内決済のどっちを選ぶ?それぞれのメリット・デメリットを紹介

決済代行会社によるクレジットカードでは、国内決済と国際決済の2種類があることに留意しなければなりません。

国内決済とは、文字通り国内のクレジットカード会社と契約している場合で、国際決済とは海外のクレジットカード会社と契約している場合です。
クレジットカードは、加盟店であれば世界中で使えるのが大きな特徴といえるもので、実際のところ海外の会社と契約をしても、通常通りに行うことができます。

海外にあるからといって為替レートが問題になるというものでもなくすべて円建てで行うことができるものです。
その違いとしては、国内決済の場合には、国内の金融機関を経由して処理されます。

つまり、日本国内で、すべての処理が行われるものです。
一方で国際決済では、海外の会社を通じて行うので海外の金融機関を経由して処理されるものです。

このためカード明細書には海外の金融機関が記載されます。

利用する側にとっては、特に問題のないことですが加盟する側にとっては違いがあります。
国内決済ではすべてが日本の法律に則って行われるものです。

このため月賦販売法や特定商取引法が適用されるなど、規制の厳しいものです。
特に日本ではクレジットカードで利用できるサービスが制限されていることもあって、この点がデメリットといえます。

メリットは審査に通り利用が開始できれば有利であることで日本国内で使える国際ブランドのすべてが使えますし、分割払いやボーナス払いも可能です。
手数料についても3%後半から6%程度なのに対して国際決済では7%から10%と高くなり、さらにデポジットを求められるなど、何かと不便です。

国際決済のメリットは、日本の法律の影響を受けないことで審査に通りやすいことがあり、またさまざまなサービスで利用することが可能ということが挙げられます。
ただ手数料に関しては国内決済よりも割高であるほか、さまざまな手数料が発生し分割払いにも対応していないといったことがデメリットです。

いずれにしても将来的に利用を続けるのであれば国内決済が使える決済代行会社であるほうが望ましいといえます。

またクレジットカードの場合には信用払いといったものですから、利用するにしてもそれなりの信用が求められるものですが、電子マネーやコンビニ払いの場合には信用は不要ですから、それらに絞って決済代行会社を選ぶことも小規模な事業者やネットビジネス起業家などには向いているものです。

小規模のネットビジネスやネットショップのオーナーにオススメの決済代行会社5選

決済代行会社を選ぶ時にはその会社の特徴や費用、またサポート体制を考慮しなければなりません。
また対応決済一覧や料金はビジネスをやっていく上では欠かせない情報です。

すべての決済方法に対応することができれば、問題はありませんが、そうなると費用面での負担が大きくなりますし管理業務も煩雑になるものです。
それに会社名も選ぶ時のポイントになります。

日本で使える、ネットビジネス向けのおすすめの決済代行会社としては、「ペイジェント」「Natural Payment(ナチュラルペイメント)」「PayPal(ペイパル)」「LINE Pay(ラインペイ)」「PGマルチペイメントサービス」などがあります。

ペイジェントは、多くのECサイトと標準連携を行っておりインターネットビジネスに使える豊富な決済手段が用意されていますから、利用者に対して快適な決済サービスを提供することができます。
特にメールで決済画面を送る方式のほか、モジュール組み込みまでさまざまな接続方法を提供しており、ECサイトの実情に合わせたサービスの提供が可能です。

また、通常は9営業日後に入金が行われますが早期入金オプションであれば締め日から最短5営業日で受け取ることができます。
それとクレジットカード情報の非保持化にも対応していますから、セキュリティ面でも安心です。

Natural Paymentは、クレジットカード決済代行の老舗で12年以上の実績があります。
もちろんクレジットカード以外にもコンビニ決済など7種類の支払い方法に対応している強みがあり、費用面でも業界最安クラスです。
特にECサイトにリンクを挿入するだけでも使えます。

PayPalの特徴は、登録から導入まですべてオンラインで出来ることやお得な料金設定がありますが、なんと言っても業界最高レベルのセキュリティーを備えていることです。
このため顧客情報の流出の心配がありません。

LINE Payは、LINE上で使える決済サービスで、メリットとしては成約率の向上が期待できます。
特にLINEを利用する層に対して強みがあり、またサービスの範囲を抑えることで決済手数料も安く設定されているのが魅力です。

PGマルチペイメントサービスは、GMOグループが提供しているサービスでセキュリティーに強みがあり、カード情報非保持機能の導入が可能です。
またクレジットカードなどのネット上の決済のほか代引き決済にも対応しているのが他社と大きく違うところです。

【無料】売上&年収アップの動画講座を限定公開中

国内外7社経営・売上70億円の弊社代表・横山が、個人〜中小企業の経営者向けに、最新マーケティングノウハウを4本の動画にまとめました。
当社代表・横山が主催する経営者コミュニティ「YCS」でうまれた、最新のインターネット集客成功事例もこっそり共有します!

豪華4大プレゼントの内容は・・・?

  1. 売上アップのための動画講座
  2. (3種の神器その1)インターネット集客 最新成功事例2019
  3. (3種の神器その2)ヒット商品を生み出す魔法のテンプレート
  4. (3種の神器その3)売上最大化のためのセールスの本質を伝える徹底解説動画

このプレゼントでわかること!

  • 売上・利益アップを目指せる具体的な方法
  • 客単価アップの考え方
  • 右肩上がりに成長するビジネスモデルの作り方
  • 2019年最新版のインターネット集客ノウハウ
  • 売上を伸ばしつつ自由な時間を手に入れる「仕組み経営」の方法
  • モチベーション低下に悩まない方法
  • 自然と成功へ近づく環境を手に入れる方法
  • 無料でできるSNS集客手法
  • 弊社のビジネスコミュニティサービス「YCS(横山コンサルティングサービス)」の詳細 ・・・など
無料期間は2019年9月20日まで!

プレゼント受取ページを見る


7社経営、70億円稼いだ横山から
今すぐ使える
●売上アップ動画講座
●マーケティング3種の神器

を無料プレゼント中!

詳しくはこちら