マーケティングの心理学

波及三原則「シャワー効果・噴水効果・散水効果」をマーケティングに活かす方法を徹底解説

波及三原則のひとつ「シャワー効果」とは?概要と具体例を解説

シャワー効果と聞くとお風呂のシャワーを思い浮かべる人も多いかと思われますが、これはマーケティングの中で活用されることが多い心理テクニックの一つです。
噴水効果と共に、主にデパートで使用されているテクニックです。
百貨店などは下層の施設を充実させて、下流域から上流域へとお客さんの流れを作り出す工夫を行っています。
さらに下層だけでなく、上階の施設の充実性を図り、シャワーのように上から下へのお客さんの流れを作り出し、全体の売り上げを増加させる、これがシャワー効果の特徴です。
屋上や上階などで開催される期間限定イベントやバーゲンなどはついで買いをすることができるので、売り上げも期待ができますし、噴水効果・散水効果を含めた波及3原則はマーケティングの中での成功に導くとも言います。

波及三原則のひとつ「噴水効果」とは?概要と具体例を解説

波及3原則の一つ、噴水効果(ふんすい)はデパートの地下などの施設を充実させて、噴水のように下側から上側に客の流れを作り出すマーケティング手法です。
お客さんは下から上へと移動しながらついで買いをするなどからも売り上げ増の効果を期待できるメリットを持ちます。
ちなみにこれは別名ファウンテン効果とも呼ばれているもので、せっかく地下街に来たのだから、他に行けば、もっと良いものが見つかるかもしれない、ついで買いをする人が多いことを狙った作戦と言えましょう。
デパートの地下はグルメをたのしむことができる場所などからも多くのお客さんが訪れる場所です。
こうした場所を活性化させることは噴水効果(ふんすい)への期待ができるなどからも、地下街を充実させているお店が多いわけです。
魅力的な食品をより多く集めることは他の階への訪問者数を増やすことができます。

波及三原則のひとつ「散水効果」とは?概要と具体例を解説

波及3原則には上の階を充実させて上から下への客層を作り出すシャワー効果、逆に地下街などの施設を充実させて下から上へのお客さんの流れを作る噴水効果、そしてもう一つ散水効果(さんすい)と呼ぶものもあります。
シャワー効果や噴水効果は起点となる施設を充実させながら、お客さんを上の階や下の階に誘導させるやり方ですが、散水効果(さんすい)の場合は同じフロアに限定をしていること、周辺に客を分散させるなどの特徴を持ちます。
例えば、イベントなどの一つでもある催し物は散水効果を期待することができるマーケティング手法と言えます。
バーゲンセールや特別な商品を集めた催し物は屋上に近い催し物会場を使って行われることが多く、この会場に行く途中でついで買いをする人、せっかくデパートに来たのだから、他の階も見て帰ろうと考える人が多いわけです。

【応用・実例】波及三原則「シャワー効果・噴水効果・散水効果」をマーケティングに活かすときのポイントと具体例

配置4原則「クラスター型配置・宝石の散りばめ型配置・トランス効果配置・緩衝型配置」 とは何かご存知でしょうか。
これはデパートのフロア内の配置におけるポイントを示したもので、郊外のショッピングモールやインターネットショッピングサイトでも同じような取り組みが行われています。

シャワー効果・噴水効果・散水効果などの波及三原則を用いるだけでなく、特定のフロアを配置4原則に基づき充実させることはお客さんを釘付けにする効果にも導きます。
仮に、たまたま訪れたフロアに興味を抱くものがなければその場を立ち去り、他の階へと移動してしまいますが、配置の工夫次第で興味を高め、買い物衝動に導くことも可能になって来るわけです。

マーケティングに使える心理学をいっきに学んでみませんか?

マーケティングに使える心理学について知りたいあなたは、以下のようなことに悩んでいませんか?

  • どれだけ心理作用があるのかわからないし、何個覚えればいいの?
  • 実際の販売ページや広告文で使ってみようとしても、なぜかうまくいかない・・・。
  • マーケティングに特化した心理学の本がなかなか見つからない!

心理学をマーケティングに利用すれば、確実に売り上げアップに繋がります。

しかし、心理学のみにフォーカスしている本などは多いものの、マーケティングと紐づけるものは少ないのが現状です。
しかも、せっかく心理作用を勉強しても、マーケティングと紐づけて覚えなければ、いざ使おうとすると実際の使い方がわからなくなってしまいます。

そこで弊社では、Webマーケティングに本当に使える心理作用を、37個まで厳選し、解説する教材を開発しました。
それが「マーケティング心理の極意」です。

なお使い方に困らないよう、実際の活用方法について具体的な説明を加えました。

もし心理学をマーケティングにうまく活用できずに困っているのであれば、「マーケティング心理の極意」をぜひチェックしてみてくださいね。

【公式】「マーケティング心理の極意」