集客方法

コーチ・コンサルタント・カウンセラーは必見!今後の集客に必須のスキル3つ

コーチ・コンサル・カウンセラーの集客

コーチやコンサル、カウンセラーなどは、現状においてとても増えている状況で、毎日ライバルは増加中だといえます。
それだけ注目度は高く、コーチングやカウンセリングにコンサルタントは無視できない状況です。

コーチの役割とはクライアント側に注目して、内なる思いや考え方を汲み取りつつ、目標達成を妨げている要因を明確にするというものです。
クライアントが知っていることや経験などを改めて整理し直し、知恵を活かすように取り組むのがコーチの役割です。
コーチはクライアントに質問を投げ、その答えに応じて行動を促すアドバイスを行うのも特徴です。

一方、カウンセラーの役割とは心理面で働く人、そして企業の悩みに耳を傾けたり、能力を引き出す役割を果たします。
従業員や経営者の立場に寄り添い、組織内にはびこる問題を見つけたり、ポテンシャルを引き上げるのがカウンセラーという仕事です。
カウンセリングを行うことからも分かるように、カウンセラーは人々の健康状態をサポートしたり、組織の健全化を助けます。

コンサルタントの役割とは、コーチやカウンセラー以上に物事を考え、クライアントが抱える問題を発見したり、解決策を提案するのがポイントです。
企業や組織に経営者が違った視点を持てる、非常に貴重な存在だといえるでしょう。
古くから存在して現代でも重宝されているのは、その分実績や信頼性があって、もはやなくてはならない存在だからだと考えられます。

Amebaブログで「コーチング」「コンサルタント」と検索すると10万件以上もヒットする状況ですから、明らかにこれらの職業に従事する人は増えています。
それに、コーチとコンサルやカウンセラーに相談したり、ビジネスにおける業績アップに着手している企業は少なくないわけです。

ライバルが増加しているのは、同時にクライアントや潜在的な顧客が増えている証拠で、チャンスもあると思われます。
大切なのは、現状の把握を行い客観的に分析してから、具体的な集客に取り組むことです。
現状を知らない状況では何をしても空回りなので、まずはAmebaブログの検索で10万件以上ヒットする事実を受け入れる必要があります。

コーチであってもコンサルでも、結局はクライアントの言葉に耳を傾け、どうしたいかという視点で役割を果たすのが目的となります。
役割は肩書によって異なりますし、クライアントが求めるニーズもそれぞれ違いますから、この点を良く理解することが大事です。

コーチ、コンサル、カウンセラーとして生きていくには「集客力」が必須スキル

コーチ・コンサル・カウンセラーで生計を立てるなら集客力というキーワードの重要性が高まります。
集客力とは文字通り顧客を集めてビジネスを拡大、発展させることを指します。

勿論、顧客となるクライアントを集めるには、興味を持ってもらうことが必要となります。
それにはまずクライアントのニーズをリサーチして、何が求められているかチェックが不可欠です。
市場(ニーズ)調査とは、どんなサービスが必要とされているかを調べることで、今まさに求められているものを確かめることです。
市場はいわば、潜在顧客たちが集まる場所ですから、ここをチェックしてニーズを知ることはとても重要です。

一方で、顧客のペルソナ設定とは、顧客がどんな人なのか具体的な詳細まで思い浮かべることをいいます。
本来ペルソナは、役を演じる人が身につける仮面のことですが、ビジネスでは典型的顧客像の意味で使われます。
ペルソナの設定には、性別や年齢に居住地と、職業や肩書に年収、そして趣味と家族構成や価値観にまで至ります。
場合によっては、ライフスタイルや休日の過ごし方まで設定するので、非常にリアリティのある人物像が浮かび上がってきます。
こちらが提供するコーチングやコンサルティング、カウンセリングを求めているのはどういう顧客層か、それを調べる為に使うのがペルソナです。

宣伝媒体を作り大きくしていくことも集客には欠かせないことですし、集客力の鍵を握るポイントでもあります。
ビジネスにおいて宣伝媒体を育てるとは、SEO、MEO、SNS、バズ、広告に関する正しい知識をつけて運用することでこれらが集客力に直結する大事な考え方で、これからの時代になくてはならないです。
検索エンジン対策のSEOと地図エンジン対策のMEOを筆頭に、SNS対応やバズと広告に至るまで知識を身につけ、それから運用していくことが肝心です。

インターネット時代のビジネスは総合力がものをいいますから、1つでも欠けていては駄目ですし、組み合わせて相乗的に活用することが必要です。
つまりビジネスにおける集客には、市場(ニーズ)調査、顧客のペルソナ設定、宣伝媒体の育て方に関する知識、が必要で重要性を理解してスキルアップを図る理想やトータルで取り組む鍵が、成功のヒントになります。

集客力を軽視したビジネスは、将来的にライバルに顧客が取られてしまったり行き詰まる要因になり得ます。
専門性があれば生き残れる時代ではないので、市場のニーズが大きい仕事だとしても油断しないことです。
ライバルが増えている状況では特に、集客力を重視した戦略が今後の結果を左右します。

キャンペーン中

弊社代表・横山による「売上アップ動画セミナー」ほか限定公開中! 今すぐ無料で受け取る

コーチ、コンサル、カウンセラーの集客に必要な「市場(ニーズ)調査」スキルとは?具体的な方法と気をつけるポイントまとめ

コーチとコンサル、カウンセラーが集客する際に欠かせない市場調査は、ビジネスを拡大させるスキルの1つです。
市場調査は潜在顧客に耳を傾け、ニーズを理解したりビジネスに役立てることができる手法です。

具体的には、アンケートで市場の顧客達の希望や不満を明確にしたり、電話で質問して回答を得る方法もあります。
アンケートは代行サービスがありますし、SNSを使ってニーズを探ることも可能です。
アンケートで得られた結果は、次の段階のターゲティングで市場に商品、サービスを投入することになります。

ターゲティングは商品を投入する顧客層を見極め、的確にアプローチする為の考え方です。
自身が魅力的に感じる商品であっても、市場が求めていないものは売れませんし、そもそもターゲットの母数が少なければ将来性が損なわれます。

しかし、市場規模が十分でニーズがあるサービス(商品)を売る対象に不足がなければ、集客によってビジネス拡大が図れます。
市場調査もターゲティングも、いずれかが欠けていれば集客力は上がりませんし、暗闇の中で落とし物を探すようなビジネスが続くことになりかねないです。

まずは市場調査を始め、次にペルソナを設定してターゲティングを行い、商品が売れると自信を持てる顧客層にニーズがあるサービス(商品)を売るのが正解です。
やはり潜在顧客のいる市場調査の重要性が高く、これを行わないと何も始まらないです。

中でも、コンサルはクライアントのマーケティングリサーチを担う役割を持っているので、このスキルがないと説得力が失われます。
市場を調べてニーズを探り、ターゲティングで最適な商品を市場に投入する、これがコーチやカウンセラーにも求められるスキルそのものです。
市場にアプローチするチャネルは何にせよ、潜在顧客との接点を多く持ち、ニーズに耳を傾けることが基本です。

外部会社に委託しても良いですが、自身で調査できるスキルを身につければ、常に変化するニーズを追い掛けて商品の改善が図れるでしょう。
ニーズがあるサービス(商品)を売るのは、魚に合わせて餌を変えるようなもので、相手に興味があるものを市場に投入する必要性は明白です。
ところが、間違った結論が導き出されるとニーズを見誤りますから、正しい方法で調査を進めることが大前提となります。
前提条件に間違いがあれば、それこそプロセスにズレが生じてしまい、結果的に実態と異なる調査結果が出るので要注意です。

コーチ、コンサル、カウンセラーの集客に必要な「顧客のペルソナ設定」スキルとは?具体的な方法と気をつけるポイントまとめ

コーチにもコンサルにも、勿論カウンセラーにも欠かせないのは、顧客のペルソナ設定のスキルです。
ペルソナ設定は架空の人物を作り上げ、マーケティングに活かすというもので、今や様々なビジネスで活用されています。
集客力の向上に役立つマーケティング手法ですから、あえて使わない理由はありませんし、むしろ活用しなければ生き残るのは難しいでしょう。
ペルソナ設定を作り上げておくと、市場のニーズを擬人化することができたり、顧客が本当に求めている商品を提供しやすくなります。
特定の商品を売りたい場合、実際に使っている人達はどのような顧客層で、どういった生活をしているかをシミュレーションします。
チームなどの組織でビジネスを推し進める時は、メンバーが顧客イメージを共有しやすくなるので、顧客像を見誤らずに済みます。
基本情報や職業に生活の具体的なパターンと、性格に人間関係や家族構成、収入などもリアルに設定していくのがコツです。
各項目はなるべく詳細に、それから欠けないように充実させていくことが、ペルソナ設定におけるキモです。

例えば詳細な人物像を設定し、悩み・使う言葉・利用するメディア・好きなSNSアカウントまで考えることが重要です。
コーチやコンサルは、悩みを抱える人に耳を傾け、頭を使って考えたり解決策を提示するのが仕事です。
このような顧客を対象とする仕事ですから、抱えている悩みを具体的に設定するのは、顧客イメージを明確にする点において欠かせないです。

使う言葉は育ちや価値観に関わるので、こういうところも練り上げて、ペルソナ設定に反映させたいところです。
利用するメディアもまた、顧客層を分けるポイントの1つなので、軽視したり省かずに設定しましょう。
好きなSNSアカウントは必要かと思われがちですが、これもリアリティを高め、実際に商品を求める顧客の姿を明確にするのに役立ちます。

これらは全て集客の結果に繋がりますから、早めに取り組んで、自らのビジネスに役立つペルソナを作り上げたいものです。
ただし、思い込みや客観性に掛けるやり方でペルソナを作ると、今後のビジネス戦略に間違いが生じます。
できるだけ正確に、本物に近いペルソナが一番必要ですから、その点を理解して取り組むことが求められます。
詳細な人物像を設定し、悩み・使う言葉・利用するメディア・好きなSNSアカウントまで考えるには、やはり前段の市場調査が重要性を帯びます。

コーチ、コンサル、カウンセラーの集客に必要な「宣伝媒体を育てる」スキルとは?具体的な方法と気をつけるポイントまとめ

コーチもコンサルも、それとカウンセラーの集客にも不可欠なのは、宣伝媒体を育てることです。
宣伝媒体はSNSや広告に、YouTubeなどの動画配信サービスや、Webサイトも検索エンジンも当然軽視できないです。
SNSは利用時間の長いサービスで、今では生活と密着しているタイプの宣伝媒体です。
利用者は気がついていませんが、宣伝媒体とも密接に関係するので、何時の間にか宣伝を見せられていたり、情報を広める役割を担わされていたりします。

逆にいえば、あまり宣伝を意識させないで情報を伝えられるのが、SNSの魅力だといえるでしょう。
多くの人達に見てもらい、そして集客からビジネスに繋げるには、宣伝媒体としてSNSアカウントを育てることが必要です。
フォロワーを増やし、アカウントのイメージを定着させることが、SNSアカウントを立派な宣伝媒体に成長させます。

ただ、間違った情報発信や誤った炎上対応は、折角育てた媒体のイメージを壊すことになるので注意です。
広告も使いようによっては集客力を発揮して、ビジネスの拡大や成功の切っ掛けになります。
広告はビジネスの定番ですから、誰もが活用していますし、スキマに入り込んで存在感を高めるのは難しいと思われます。

それでも、ペルソナ設定から導き出された顧客層にアプローチできれば、広告の注目度は上がって重要な接点に変わります。
動画のYouTubeもまた、宣伝に役立つチャネルの1つで、顧客層が求める情報を動画で配信することこそが価値あるスキルです。
動画は動きや音声を交えて情報を伝えられますから、コーチやコンサル、カウンセラーのイメージを伝えるのに役立ちます。
トーク力が乏しかったり、結論の導き出し方に問題があると能力が疑われるので、そこは気をつけて動画を制作しましょう。
いわゆるYouTuberが支持されるのは、興味を引きつけるテーマの見つけ方が上手く、動画編集によって見せ方も優れているのが理由です。
この点を理解して制作した動画を公開し続ければ、YouTubeも無視できない宣伝媒体に育つはずです。
Webサイトはコーチやコンサルにとって、ネットにおける活動の拠点ともいえる媒体となります。
Webサイトが軽視されていると、潜在顧客は興味を示さなくなりますし、他の媒体も適当という印象を抱きがちです。
検索エンジン最適化を図るにしても、まずはWebサイトを本気で作り上げ、柱となる宣伝媒体に育て上げることが肝心です。

【無料】売上&年収アップの動画講座を限定公開中

国内外7社経営・売上70億円の弊社代表・横山が、個人〜中小企業の経営者向けに、最新マーケティングノウハウを4本の動画にまとめました。
当社代表・横山が主催する経営者コミュニティ「YCS」でうまれた、最新のインターネット集客成功事例もこっそり共有します!

豪華4大プレゼントの内容は・・・?

  1. 売上アップのための動画講座
  2. (3種の神器その1)インターネット集客 最新成功事例2019
  3. (3種の神器その2)ヒット商品を生み出す魔法のテンプレート
  4. (3種の神器その3)売上最大化のためのセールスの本質を伝える徹底解説動画

このプレゼントでわかること!

  • 売上・利益アップを目指せる具体的な方法
  • 客単価アップの考え方
  • 右肩上がりに成長するビジネスモデルの作り方
  • 2019年最新版のインターネット集客ノウハウ
  • 売上を伸ばしつつ自由な時間を手に入れる「仕組み経営」の方法
  • モチベーション低下に悩まない方法
  • 自然と成功へ近づく環境を手に入れる方法
  • 無料でできるSNS集客手法
  • 弊社のビジネスコミュニティサービス「YCS(横山コンサルティングサービス)」の詳細 ・・・など
無料期間は2019年9月20日まで!

プレゼント受取ページを見る


7社経営、70億円稼いだ横山から
今すぐ使える
●売上アップ動画講座
●マーケティング3種の神器

を無料プレゼント中!

詳しくはこちら